您现在的位置:首页> 外文期刊>科学新聞 >文献详情

【6h】マクロファージ活性化で尿路結石予防の可能性

机译通过激活巨噬细胞预防泌尿系结石的可能性

【摘要】腎臓内で形成された石が下降し て、尿管が詰まる尿路結石は、強 烈な背部痛を引き起こし、放置す ると腎不全や尿路感染を弓Iき起こ し命にも関わる。尿路結石の患者 は赶年増加しているが、その予防 法は「水をしつかり摂ること」と レ、つたことしかなかつた。名古屋巿立大学大学院医学研究 科の岡田淳志准教授らは、ヒトの 尿を用いた解析で、尿路結石患者 と健常者をハツキリと区別しうる尿中マーカー(ILの4、1a、 1b、10およびGM - CSF)を 発見し、さらに尿中のマグネシゥ ムを加えることによって、その診 断力はさらに増すことを証明し た。Clinical and Experimental Nephro logyに21日掲載された。

【摘要机译】肾脏中形成的结石下降并阻塞输尿管,尿结石会引起严重的背痛,如果不及时治疗,会导致肾衰竭和尿路感染,这可能是致命的。多年来,患有尿路结石的患者数量一直在增加,但是唯一的预防方法是“不断饮水”。名古屋Shamanate大学医学院研究生院副教授冈田敦史(Atsushi Okada)及其同事分析了人类的尿液并发现了尿液标记物(IL 4,1a,1b,IL,4a,1b,1b,1) 10和GM-CSF),并证明通过在尿液中添加镁可进一步提高诊断能力。发表于21日的《临床和实验肾脏病》。

【作者】

【作者单位】;

【年(卷),期】2019(),3715

【年度】2019

【页码】4-4

【总页数】1

【原文格式】PDF

【正文语种】jpn

【中图分类】;

【关键词】

  • 相关文献
  • 联系方式:010-58892860转803 (工作时间) 18141920177 (微信同号)
  • 客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com
  • 京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-1 六维联合信息科技(北京)有限公司©版权所有
  • 客服微信
  • 服务号